2017『目のすべて展』

 白内障の治療について

 

2017年度『目のすべて展』から

 

 目に関わる疾病には様々なものがありますが、加齢によって誰もが発症を避けられないのが白内障です。早ければ40代から自覚症状(かすんで見える、まぶしくなって明るいところでは見えにくい、モノが二重、三重に見えるなど)が出るようになり、80歳を超えるとほとんどの人が白内障に近い状態になると言われます。

白内障とはどのような病気なのか、その治療法などについて『目のすべて展』での大中誠之講師の特別講演からその現況をお伝えします。

 

 ■大阪・秋の恒例行事となった『目のすべて展』

最初に『目のすべて展』について簡単にご紹介します。

10月は「目の愛護デー月間」ですが、その関連イベントとして行われているのが大阪府眼科医会主催の『目のすべて展』です。今年も10月8~9日にブリーゼプラザ小ホール(大阪市北区)で開催され、男女を問わず中高年の方を中心に多くの人びとが会場を訪れました。

同展では専門の眼科医を招いたさまざまな目の疾病に関する特別講演のほか、アイバンクの紹介、日本ライトハウスによる盲導犬の話、眼鏡調整のアドバイス、目の健康相談、クイズ、眼科啓発のためのパネル展示、児童・生徒の絵画展など、目に関わる多彩な企画で構成され、日頃から目の健康についての関心を持つ人にとっては欠かせない行事となっています。今年はご自身が視覚障害者である桂福点さんによる落語もあり、話題を呼びました。

1974年からスタートした『目のすべて展』は大阪府民を対象としたもので44回目となり、毎年秋の恒例行事としてすっかり定着した感があり、それを心待ちにしている人も多いとか。ちなみに主催をしている大阪府眼科医会はいまから124年前の1893年に設立され、わが国でもっとも古い歴史を持つ眼科医会です。

 

続きを読む

日本赤十字社 和歌山医療センター

 医療の“境界領域”を強化し、

迅速な救急・災害医療を提供。

 

明治38年の設立以来、100年以上にわたり地域の基幹病院として先駆的な高度医療を推進。赤十字の医療機関としての責務を果たしている和歌山医療センター。さらなる高度救命救急センターの充実と、国内外で展開する救護・救援活動などについて、日本赤十字社和歌山医療センター 平岡真寛 院長にお話を伺いました。

 

日本赤十字社 和歌山医療センター 平岡 眞寛 院長  

 

続きを読む

大阪府済生会野江病院

心を通わせる医療連携で、

患者さん本位の全人的医療を推進

 

      社会福祉法人 恩賜財団

        大阪府野江病院

    三嶋 理晃 院長

 

地域医療支援病院、大阪府がん診療拠点病院、そして一般急性期病院としても充実の医療体制を誇る「社会福祉法人 恩賜財団 大阪府済生会野江病院」。医療・介護・生活支援を一体的に提供する医療と福祉の総合センター「野江医療福祉センター」の基幹病院として、独自の地域密着スタイルを確立。積極的に多様な取り組みを行っています。三嶋理晃院長に近況を詳しく伺いました。

続きを読む

JICA アジアの医療事情

 

「日本の医療分野の国際協力とアジアの医療事情」

JICA(独立行政法人 国際協力機構)

人間開発部次長兼保健第二グループ長 渡部晃三

 

続きを読む

神戸市民病院機構

 

神戸市民病院機構が目指す               

 

理想の先進医療と医療体制

 

高齢化社会が加速する中、高度先進医療や予防医療等をいかに地域の医療連携システムの中に組み込んでいくかが求められています。そんな状況下、地域の事情に配慮した機動力・柔軟性・透明性を高めながら、患者サービス向上を目指し、神戸エリアの連携を強化した医療体制を、今後の地域医療のモデルケースとして実現すべく取り組んでいるのが、地方独立行政法人 神戸市民病院機構です。現在推進中の中期計画や、就任後の思いなどについて、橋本理事長に伺いました。            地方独立行政法人 神戸市民病院機構       橋本 信夫 理事長

続きを読む

産業医としての役目(JR西日本)

 

産業医と職場の連携強化で、「一億総活躍社会」の実現を

 

政府主導による働き方改革の推進で、厚生労働省でも職場における労働者の健康管理の取り組みを強化しています。目指しているのは、若者・高齢者・女性・男性・障がいのある人も、誰もが、職場や地域で存分に自分の力を発揮して生きがいが持てる社会=「一億総活躍社会」にすることであり、その実現に向けて要となる役割の一端を担うのが、企業に勤務する産業医の存在です。西日本旅客鉄道株式会社 健康増進センター 医長の橋村孝幸先生に、産業医の役割や職場環境の課題についてお話を伺いました。

 

          西日本旅客鉄道株式会社 健康増進センター 橋村孝幸 医長 

続きを読む

セルフメディケーション

 

健康寿命の延伸に向けた

 

セルフメディケーションの推進

 

平成29年2月、国の「健康・医療戦略」の一部に、健康か病気かという二分論ではなく、健康と病気を連続的に捉える「未病」という発想が重要になると明文化されました。高齢社会に突入した今、これからのセルフメディケーションのあり方について、住友病院 松澤院長と、森下仁丹株式会社 駒村社長のお二人にご意見を伺いました。

 

続きを読む

大阪医科大学

~大阪医科大学 創立90周年~

その先を見据えた

「進化」と「深化」

 

 

 

 

 

1927年(昭和2年)、日本初の5年制医育機関(大阪高等医学専門学校)として誕生した「大阪医科大学」は、20176月に創立90

周年を迎えました。これまで数多くの医療人を輩出し、地域に根差した医・薬・看の連携を進めるとともに、西日本初となる「大阪医科大学BNCT共同臨床研究所・関西BNCT(ホウ素中性子捕捉療法)共同医療センター」の建設にも着手。医療界の注目を集めています。建学の精神である“国際的視野を持つ人間性豊かな良質の医療人の育成”を着実に実践し、今後、医療系総合大学・学園としてさらに飛躍するためのさまざまな施策について、学校法人大阪医科薬科大学の植木理事長と佐野常務理事(歴史資料館館長)に伺いました。

1936年頃のヴォーリズ設計の学舎群

続きを読む

「歯と口の健康週間」に寄せて

いつまでも健やかな人生を
送るために欠かせない「歯の健康」

 

80歳で20本の歯を残す「8020運動」の推進で、毎日の食を支える歯の健康への関心が高まっています。しかし、一方で30歳以上の約8割以上が罹患していると言われる歯周病(歯肉炎・歯周炎)、虫歯に悩む人もまだ多いのが現状です。「歯と口の健康週間」(6月4日~10日)を前に、歯科医療の現場で様々な治療に取り組んでおられる医療法人大樹会 春次賢太朗理事長、OBPデンタルクリニック大阪中央インプラントセンター 今上英樹総院長に、最先端の歯科治療や歯周病への注意喚起などについてお聞きしました。

続きを読む

認知症予防を考える

高齢者をめぐる医療事情と
認知症予防を考える

 

わが国の総人口1億2,708万人のうち65~74歳は1,708万人(総人口の13.4%)、75歳以上は1,592万人(同12.5%)に達します(厚生労働省の統計・2014年10月現在)。この傾向は今後も続くと見られ、総人口に占める高齢化率はさらに上昇すると予想されます。
世界にも例のないスピード進む超高齢社会の進展は医療分野にも影響を及ぼします。高齢者をめぐる医療事情、高齢になるほど発症しやすい認知症(主にアルツハイマー病)についてまとめました。

続きを読む

医療と教育は私たちに欠かせない社会的共通資本

医療と教育は
私たちに欠かせない社会的共通資本

 

~戦前戦後の医療史と近年の医学部指向をめぐって~

  兵庫県医師会名誉会長・同顧問       

     川島 龍一先生 

  灘中学校・灘高等学校校長
     和田 孫博先生

医療と教育は私たちの社会や暮らしと密接に結びついています。それぞれが担う責務と果たすべき役割はさまざまですが、今回の対談では川島龍一先生には医師としての立場から、灘中・高校校長の和田孫博先生には近年における医学部指向の高まりについて教育現場での受け止めを中心に語りあっていただきました。

続きを読む

人と地域社会のために病院をもっと有益なものにしたい 1

関西医科大学総合医療センター

岩坂壽二 病院長

 

  関西医科大学は1928年に大阪女子高等医学専門学校として開学し、その4年後に附属病院(その後、附属滝井病院)が開設され、地域社会の基幹病院としての医療活動に取り組んできました。2016年5月には新本館(地下1階地上7階建て延べ面積20,7347㎡・296床)の完成を機に「関西医科大学総合医療センター」と改称し、これまで以上に人と地域社会に貢献できる体制を整えています。開設から85年目を迎え、高度医療の提供とともに医療現場の整備や院内調剤など、患者本位という視点を強く打ち出している同センターの現況と今後について岩坂壽二病院長にお聞きしました。

続きを読む

全人的医療の実践一般財団法人 住友病院 松澤 佑次院長

続きを読む

第23回日本歯科医学会総会を終えて水田 祥代 第23回日本歯科医学会総会 会頭      学校法人 福岡学園 福岡日本歯科大学・理事長

続きを読む

特別講演「目の再生医療」

続きを読む

大阪府医師会に勤務医部会が設置されるまで

続きを読む

突然死予防と次世代型CT ~地域医療で果たす役割~

続きを読む

ドライアイと「層別治療」

続きを読む

いのちのセミナー講演 「最先端の科学から考えるいのち」

平成26年12月21日、山中伸弥教授 (京都大学 iPS細胞研究所 所長)の、「最先端の科学から考えるいのち」の講演が、グランフロント大阪 ナレッジキャピタル コングコンベンションセンターにておこなわれました。
定員をはるかに超えた応募者があり、講演会は熱心に聴き入る聴講者で満員でした。

続きを読む

先進医療推進機構・京都大学iPS細胞研究所共催シンポジウム

 

 

先進医療推進機構・京都大学iPS細胞研究所共催シンポジウム
「先端医療~治らない病気への挑戦~」開催
続きを読む

シリーズ特別企画Vol.4 「移植医療の、昨日・今日・明日」

 

ダイナミックに進む医学・医療
研究者は、基礎研究だけでなくて、治療の入口まで

続きを読む

シリーズ特別企画Vol.3 「移植医療の、昨日・今日・明日」

網膜色素上皮細胞の次は、iPS細胞によるパーキンソン治療
肝臓はまだ夢の話

続きを読む

シリーズ特別企画Vol.2 「移植医療の、昨日・今日・明日」

 

2010年の移植法改定後も、臓器移植数は世界の最下位

続きを読む

シリーズ特別企画Vol.1 「移植医療の、昨日・今日・明日」

 

iPS細胞による治療研究は網膜色素上皮細胞が先行、
続くパーキンソン病 ただし、標準治療はまだ先の話

続きを読む

【第3回】 「私の命を全て世界平和のために。」

 

聖路加国際病院 名誉院長 日野原 重明氏

続きを読む

【第2回】 「私の命を全て世界平和のために。」

 

聖路加国際病院 名誉院長 日野原 重明氏

続きを読む

【第1回】 「私の命を全て世界平和のために。」

 

聖路加国際病院 名誉院長 日野原 重明氏

続きを読む

特別企画 「医療の未来を見つめて」 第1回再生医療の最前線

 

澤 芳樹 先生

〈大阪大学大学院医学系研究科・医学部 医学系研究科長 医学部長 外科学講座心臓血管外科主任教授〉

続きを読む

【シリーズ3】患者さん本位の診療にさまざまの取り組み

~大阪大学医学部付属病院広報誌よりご紹介~

痛みの本質に迫り心身を包括的治療的に治療 疼痛医療センター

続きを読む

【シリーズ2】患者さん本位の診療にさまざまの取り組み

 

 

~京都大学医学部付属病院広報誌よりご紹介~
女性の一生をやさしく強くサポートする産科婦人科

続きを読む

【シリーズ1】患者さん本位の診療に さまざまの取り組み

 

~大阪大学医学部付属病院広報誌よりご紹介~
入院患者さんの笑顔を求めて「病院長おすすめ御膳」を提供

続きを読む

第2回 特別インタビュー 国立がん研究センター

<がんにならない、がんに負けない、がんと生きる社会をめざす>

「がんサバイバー」は推計400万から500万人

続きを読む

第1回 特別インタビュー 国立がん研究センター

 

<がんにならない、がんに負けない、がんと生きる社会をめざす>
大学・がん専門病院・研究機関・企業と緊密なネットワークを構築
国立がん研究センターが、ハブ機能の役割を果たして

続きを読む

第2回 今、緊急に必要な「社会医学系」の医師

 

「最先端医療」と「みんなが同じ医療を享受」とを、

限られた資源のなかで両立 させるのは非常に難しい

続きを読む

第1回 今、緊急に必要な「社会医学系」の医師

 

最前線で治療する医師も、最先端医療を目指す医師も必要だが……。

続きを読む

第2回 iPS細胞による重症心不全治療の最前線を行く

 

iPS細胞で、重症心不全治療の臨床研究をしているのは
世界中で大阪大学だけ

続きを読む

第1回 iPS細胞による重症心不全治療の最前線を行く

 

心臓外科手術のトップランナーとして、
iPS細胞による重症心不全治療の最前線を行く

続きを読む

第2回 介護ロボットの現状と展望

 

全自動排泄処理ロボット

『マインレット 爽(さわやか)』が介護の世界を変える

続きを読む

第1回 介護ロボットの現状と展望

 

全自動排泄処理ロボット

『マインレット 爽(さわやか)』が介護の世界を変える

続きを読む

第2回 乳房再建

形成外科専門医常駐の、厚生省認可の病院で手術を
〈シリコンインプラントが保険適用に〉

続きを読む

第1回 乳房再建

 

形成外科専門医常駐の、厚生省認可の病院で手術を
〈シリコンインプラントが保険適用に〉

続きを読む

第2回 眼瞼下垂

 

医療施設以前に、医師の技術・経験・人柄を確認することが大切
<美容外科手術は、一生一度の手術と捉えて慎重に>

続きを読む

第1回 眼瞼下垂

 

機能だけでなく美容も十分に考えてくれる医師を選んで
<美容外科手術は、一生一度の手術と捉えて慎重に>

続きを読む

第2回 特別取材 シンガポール、先進医療クリニックからのレポート

 

日本でも世界でも、昔から行われてきた

「医療ツーリズム」(メディカルツーリズム)、
「移植ツーリズム」(トランスプラント・ツーリズム)との

違いを明確に

続きを読む

第1回 特別取材 シンガポール、先進医療クリニックからのレポート

 

特別取材 シンガポール、先進医療クリニックからのレポート
地球上の多くの人々が、先進医療の恩恵を受けられることを目指して

続きを読む

第2回 食道がんの現状と展望

 

 

早期発見できればすぐに、大きな病院に

続きを読む

第1回 食道がんの現状と展望

 

 

NBIで早期がんが簡単に発見、
しかし手術のできない患者さんが9000人以上も

続きを読む

第2回 がんの放射線治療 最前線

 

「動体追尾放射線治療」で臓器の動きに対応した、
さらに的確な照射を

続きを読む

第1回 がんの放射線治療 最前線

 

 

将来は風邪にかかったのと同じように、完全に治癒して、
社会復帰できる病気に

続きを読む

第2回 中皮腫の研究と治療

 

抗がん剤・手術・放射線、

病院中のすべての力を結集して
「胸膜肺全摘出手術」による、中皮腫の治療が可能に

続きを読む