イベント情報

     読者プレゼントもあります。ご応募ください。 開催日順に掲載しております。


国立民族学博物館(みんぱく)

 国立民族学博物館の展望

 

その存在意義、活用意義

 

 国立民族学博物館(みんぱく)は、わが国における文化人類学とその関連分野の国際研究拠点です。世界最大級の博物館機能と、大学院教育の機能を備えた、文化人類学・民族学の研究所として、世界で唯一の存在です。

1974年に創設され、1977年11月17日に大阪万博跡地に開館しました。開館以来、文化人類学・民族学に関する調査・研究をおこないながら、その成果を展示に反映してきました。この40年間で所蔵する標本資料は34万点を超え、世界最大級の民族学博物館となりました。

みんぱくの本館展示は、2008年度から開始した展示の全面改修が2017年3月に完了し、まったく新しい形に生まれ変わりました。新しくなった本館展示では、民族衣装などの生活用具を約1万2000点展示し、儀礼や芸能を紹介する映像を公開しています。

展示資料の多くは研究者が世界各地で実際に使用されていたものを現地で収集してきたものであり、そのひとつひとつに制作者や使用者、研究者の歴史や想いが凝縮されています。

 本館展示は、オセアニア、アメリカ、ヨーロッパ、アフリカ、西アジア、南アジア、東南アジア、中央・北アジア、東アジアに大きく分けた地域展示と、音楽・言語などの通文化展示があり、ビデオテークでは、世界の人びとの生活や技術などを記録したビデオ番組を見ることができます。また本館の常設の展示とは別に、年に数回、テーマを定めて「常設展」、「企画展」も開催しています。

みんぱくは、いつ行っても、あらたなものに出会うことのできる場です。

いいかえれば、そこで人とモノ、人と人が出会うことで発見があり、そこからあらたな探究や挑戦が生まれていく、という「フォーラムとしてのミュージアム」の実現を目指しています。『みんぱく』をもっと活用してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

館長からのご挨拶

 

国立民族学博物館長  𠮷田憲司

 

  人類の文明は、今、数百年来の大きな転換点を迎えているように思います。これまでの、中心とされてきた側が周縁と規定されてきた側を一方的にまなざし、支配するという力関係が変質し、従来、

それぞれ中心、周縁とされてきた人間集団の間に、創造的なものも破壊的なものも含めて、双方向的な接触と交流・交錯が至る所で起こるようになってきています。それだけに、異なる文化を尊重しつつ、言語や文化の違いを超えてともに生きる世界の構築をめざす文化人類学の知が、これまでになく求められているように思われます。

みんぱくでは、こうした世界の変化を受けて、10年の年月を費やし、本館における世界諸地域の文化に関する常設展示の全面的な改修を進めてまいりました。その作業は、平成29年3月で一応の完了をみましたが、同年4月からは、研究部の体制も全面的に改め、時代の要請に応じた新たな組織で研究活動を推進することにいたしました。研究部は、「人類基礎理論研究部」「超域フィールド科学研究部」「人類文明誌研究部」「グローバル現象研究部」、そして「学術資源研究開発センター」から構成されます。いずれも、国内外の大学や研究機関、さらには研究や資料収集の直接の対象となった社会の人びと、すなわちソース・コミュニティの人びとと連携し、国際的なネットワークを通じた協働のもとで研究活動を展開していくことになります。

全面改修を終えた本館展示についても、すでに次の段階に向けた作業を進めています。次世代型電子ガイドと新世代ビデオテークとの連動、さらにはウェブ上に展開する「みんぱくバーチャルミュージアム」との連携により、みんぱくにこれまでに蓄積され、今も蓄積されている研究情報を、展示を糸口にして、利用者、研究者の皆さまそれぞれの関心に応じて自由に引き出せ、さらなる探究につなげていくシステムを次年度に導入すべく、開発を進めています。

また、現在みんぱくでは、「フォーラム型情報ミュージアム」というプロジェクトを推進しています。このプロジェクトは、みんぱくの所蔵する標本資料や写真・動画などの映像音響資料の情報を、国内外の研究者や利用者ばかりでなく、それらの資料をもともと製作した地域の人びと、あるいはそれが写真なら、その写真が撮影された現地の人びとと共有し、そこから得られた知見を共にデータベースに加えて共有し、新しい共同研究や、共同の展示、コミュニティ活動の実現につなげていこうというものです。

これらの活動は、いずれも、かねてよりみんぱくがめざしてまいりました、さまざまな人びとの知的交流と発見、協働の場、つまり知のフォーラムを、研究教育活動・博物館活動を問わず、これまで以上に充実したかたちで実現しようとするものです。

皆さまの、ご協力、ご支援を、心からお願い申し上げます。

 

国立民族学博物館  
 〒565-8511
 大阪府吹田市千里万博公園10-1
 TEL:06-6876-2151(代表)
 【開館時間】
  10:00~17:00(入館は16:30まで)
 【休館日】
  毎週水曜日

  ※水曜日が祝日の場合は翌日が休館日

 【入館料】

  一般420円、高校・大学生250円、中学生以下無料
  ※自然文化園は無料で通行できます。

京都国立近代美術館

トルコ至宝展

 チューリップの宮殿 トプカプの美

 

 2019年6月14日(金)~7月28日(日)

 

 

オスマン帝国の栄華を今に伝える至宝約170点がトプカプ宮殿博物館から来日!

チューリップがあしらわれた宝飾品などを通して、悠久の歴史と多様な文化が育んだ華麗な美をご紹介します。

オスマン帝国のスルタンと日本の皇室の交流を示す品々のほか、明治期の日本美術品の里帰りをさせるなど、同国の友好関係にも光をあてます。

 

≪宝飾手鏡≫ 16世紀末 トプカプ宮殿博物館蔵

 

■開館時間

9:30~17:00  ※金曜日、土曜日は20:00まで(入場は閉館の30分前まで)

 

■休館日

月曜日(月曜日が休日に当たる場合は、翌日が休館)

 

■会場

京都国立近代美術館

〒606-8344 京都市左京区岡崎円勝寺町26-1

電話:075-761-4111

 

■観覧料

一般1,500円 大学生1,100円 高校生600円

夜間割引料金(対象時間:金曜・土曜の17:00~20:00)

 

※愛読者プレゼント 5組10名様
ハガキに、①希望展覧会名 ②ご住所 ③お名前 ④年齢 ⑤性別 ⑥趣味・興味のあるものを、記入して下記にお送りください。
宛先:〒530-0016 大阪市北区中崎2-2-4   「ハロードクターWEB]プレゼント担当係

あべのハルカス美術館

クマのプーさん展

◀ 「ながいあいだ、三人はだまって、下を流れてゆく川をながめていました」、

『プー横丁にたった家』第6章、E.H.シェパード、鉛筆画、1928年、ジェームス・デュボース・コレクション © The Shepard Trust

 2019年4月27日(土)~6月30日(日)

 

 この展覧会は、著者A.A.ミルンと挿絵を担当したE.H.シェパードの貴重な作品とともに、英国・ヴィクトリア&アルバート博物館をはじめ各国から集めた資料を公開。世界中で愛される「プーさん」のすべてを紹介します。

 

■開館時間

火~金/10:00~20:00  月土日祝/10:00~18:00

(入館は閉館の30分前まで)

 

■休館日

5月13日、5月20日、5月27日の各月曜日

 

■会場

あべのハルカス美術館

〒545-6016 大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス16階

電話:06-4399-9050

 

■観覧料

一般1,500円 大学生・高校生1,100円 中学生・小学生500円

 

※愛読者プレゼント 5組10名様
ハガキに、①希望展覧会名 ②ご住所 ③お名前 ④年齢 ⑤性別 ⑥趣味・興味のあるものを、記入して下記にお送りください。
宛先:〒530-0016 大阪市北区中崎2-2-4   「ハロードクターWEB]プレゼント担当係 

グランフロント大阪

スヌーピーミュージアム展

 

©Peanuts Worldwide LLC

 

2019年4月13日(土)~6月16日(日)

 

東京・六本木のスヌーピーミュージアムで開かれた5回の展覧会をぎゅっと凝縮した、とっておきの機会です。2年半の間に展示された、シュルツ美術館の貴重な原画作品やスケッチ、ヴィンテージ・グッズなどから、選りすぐりの約200点を大阪で展示します。

 

■開館時間

10:00~20:00

※4月30日をのぞく火曜日は17:00まで

 (入場は閉場の30分前まで)

 

■休館日

会期中無休

 

■会場

グランフロント大阪北館

ナレッジキャピタル イベントラボ

 

〒530-0011 大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪北館

電話:0570-200-888

 

■観覧料

当日券:一般1,600円 大学生1,300円 中・高校生1,000円 4歳~小学生600円 

平日当日券:一般1,400円 大学生1,100円 中・高校生900円 4歳~小学生500円 

    

※愛読者プレゼント 5組10名様
ハガキに、①希望展覧会名 ②ご住所 ③お名前 ④年齢 ⑤性別 ⑥趣味・興味のあるものを、記入して下記にお送りください。
宛先:〒530-0016 大阪市北区中崎2-2-4   「ハロードクターWEB]プレゼント担当係 

大恐竜展

なんばに大恐竜襲来!

 

大恐竜展inなんば

 

~よみがえる地球の絶対王者~

トリケラトプスを襲うティラノサウルス(復元画:月本佳代美)▶

 

 

 

 

 

 

大阪のど真ん中に恐竜が出現!

全長12mを超えるティラノサウルスのロボットや貴重な全身復元骨格を紹介。

最新の研究に基づき謎に満ちた恐竜の姿にせまります!

 

 子供から大人まで、私たちの心をつかんで離さない「恐竜」。1億6000万以上という長い時代、地球の絶対王者であった恐竜は、唯一の手がかりである「化石」を元に、発掘、調査、研究というプロセスを経ることで、その謎に満ちた姿が少しずつ明らかになってきました。最新の研究では、「鳥類は恐竜の子孫」であることが分かりつつありますが、まだまだ未解明の部分も多く、私たちの興味が尽きることはありません。本展では、恐竜の姿を復元したロボットや全身復元骨格などを通して、恐竜の誕生から絶滅まで、時代を追って恐竜の姿を

紹介。これほどの長きにわたり繁栄し続けた恐竜の謎について、最新研究を踏まえて紹介します。

ティラノサウルスのロボット(©ココロ)(1)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見所は満載です。

  【1】全長12メートルのティラノサウルスロボット!

  【2】ティラノサウルス・ディプロドクスの全復元骨格登場!

  【3】生体復元模型に加え、触れる化石や恐竜のウンチ化石も!

 

 ■会期

2019年4月20日(土)~5月19日(日) ※会期中無休

 

■開館時間

11:00~18:00  ※土日祝休日は午後10:00開館(入館は閉館の30分前まで)

 

■観覧料

一般・大学生・高校生 1、200円 子ども(3歳~中学生)600円

※障がい者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料(要証明)

 

■会場

なんばスカイオ7F コンベンションホール

〒542-0076 大阪市中央区難波5-1-60

電話:06-6644-1081 

 

※愛読者プレゼント 招待券 5組 10名様
ハガキに、①希望展覧会名 ②ご住所 ③お名前 ④年齢 ⑤性別 ⑥趣味・興味のあるものを、記入して下記にお送りください。
宛先:〒530-0016 大阪市北区中崎2-2-4   「ハロードクターWEB]プレゼント担当係 

国立民族学博物館

 

国立民族学博物館 企画展

 

「旅する楽器―南アジア、弦の響き」

 

2019年2月21日(木)~5月7日(火)

 

◀19世紀製作のシタール(インド)

 

南アジアは弦楽器の宝庫です。世界中で知られるシタールだけでなく、多種多様な弦楽器がさまざまな人びとよって、千差万別のスタイルで演奏されてきました。宮廷の華として王侯貴族たちを陶酔させた弦の響きは、古典音楽として受け継がれています。儀礼に使われた弦楽器は、神を讃える歌や祈りの支えとなり、物語の世界を眼前に蘇せ歌手の紡ぎ出す旋律を引き立ててきました。これらの楽器の多くは、西アジアや中央アジアから伝えられ、南アジアで演奏家や職人たちによって改造され、生まれ変わったものです。南アジアで定着した楽器が、さらに形や音を変えながら、東南アジアや東アジアに伝えられた場合もあります。
本展示では、このような弦楽器の遙かな旅を、南アジアを中心に紹介します。

 

タンプーラー(インド)▶

 

会期
2019年2月21日(木)~5月7日(火)

会場
国立民族学博物館(大阪府吹田市千里万博公園10-1) 本館企画展示場
開館時間
10:00~17:00(入館は16:30まで)


休館日
水曜日(5月1日(水・祝)は開館)
無料観覧日
2月24日(日)、3月10日(日) (本館展示・企画展の無料観覧日)


観覧料
一般420円(350円)、高校・大学生250円(200円)、中学生以下無料
※()は20名以上の団体料金/リピーターは団体料金を適用
※本館展示もご覧いただけます

 

※愛読者プレゼント 5組10名様
ハガキに、①希望展覧会名 ②ご住所 ③お名前 ④年齢 ⑤性別 ⑥趣味・興味のあるものを、記入して下記にお送りください。
宛先:〒530-0016 大阪市北区中崎2-2-4   「ハロードクターWEB]プレゼント担当係 

2026年大阪「国際博覧会」決定

特別展「フェルメール展」

◀ ヨハネス・フェルメール《取り持ち女》1656年 油彩・カンヴァス 143x130cmドレスデン国立古典絵画館bpk /Staatliche Kunstsammlungen Dresden / Herbert Boswank / distributed by AMF

 

 

 

 

特別展「フェルメール展」

2019年2月16日(土)~5月12日(日)

▲ヨハネス・フェルメール《恋文》1669-1670年頃 

油彩・カンヴァス 44×38.5cm 

アムステルダム国立美術館Rijksmuseum.Purchased with the support of the Vereniging Rembrandt, 1893

 

■展覧会概要

 17世紀のオランダ絵画の黄金期を代表する画家、ヨハネス・フェルメール(1632‐1675年)は、現存する作品が35点ともいわれ、その希少性と神秘的な魅力から世界屈指の人気を誇ります。日本初公開となる「取り持ち女」、大阪展のみ展示の「恋文」など西日本では過去最多となる6作品が集結します。 

 

■会期

2019年2月16日(土)~5月12日(日)

 

■開館時間

9:30~17:00(入館は16:30まで)

 

■休館日

月曜日(祝休日の場合は開館し、翌平日休館。

ただし、4月30日(火)、5月7日(火)は開館)

※災害などにより臨時で休館となる場合あり

 

■会場

大阪市立美術館

住所:〒543-0063 大阪市天王寺区茶臼町1-82(天王寺公園内)

TEL:06-6771-4874

 

■入館料(税込)

一般1,800円(1,600円)

高校生・大学生1,500円(1,300円)

   ※( )内は、前売りおよび20名以上の団体料金

  

※愛読者プレゼント ポップアップメモ 5名様
ハガキに、①希望展覧会名 ②ご住所 ③お名前 ④年齢 ⑤性別 ⑥趣味・興味のあるものを、記入して下記にお送りください。
宛先:〒530-0016 大阪市北区中崎2-2-4   「ハロードクターWEB]プレゼント担当係 

世紀末ウィーンのグラフィック

◀表紙・装丁:カール・オットー・チェシュカ

『キャバレー〈フレーダーマウス〉上演本』第1号 1907年 (京都国立美術館蔵)

 

 

 

 

世紀末ウィーンの

グラフィック

 

 

デザインそして

生活の刷新にむけて

 

 

 ■展覧会概要

 当館は、2015年に世紀末ウィーンのグラフィック作品コレクションを収蔵しました。本展では、300件にのぼる膨大なコレクションの全貌を紹介するとともに、同じく平明氏旧蔵のリヒャルト・ルクシュによる石膏彫像と貴重なアドルフ・ロースの家具一式をも加え、世紀末ウィーンの息吹と魅力をお伝えします。 ■会期

2019年1月12日(土)~2月24日(日)

 

■開館時間

9:30~17:00 ただし金曜日と土曜日は20:00まで

(入館は閉館の30分前まで)

 

■休館日

毎週月曜日、ただし1月14日(月・祝)と2月11日(月・祝)は開館し、翌火曜日は休館

 

■主催

京都国立近代美術館、読売新聞社

 

■会場

京都国立近代美術館【岡崎公園内】

〒606-8344 京都市左京区岡崎円勝寺町

電話:075-761-4111

 

■観覧料

一般1,000円(800円)大学生500円(400円)

※(  )内は、前売りと20名以上の団体料金、夜間開館時(金・土午後5時以降)の夜間割引料金

※愛読者プレゼント 10組20名様
ハガキに、①希望展覧会名 ②ご住所 ③お名前 ④年齢 ⑤性別 ⑥趣味・興味のあるものを、記入して下記にお送りください。
宛先:〒530-0016 大阪市北区中崎2-2-4   「ハロードクターWEB]プレゼント担当係 

アサヒビール 大山崎山荘美術館

澤乃井串櫛かんざし美術館所蔵

 

櫛・かんざしとおしゃれ展

2018年12月15日(土)~

2019年2月24日(日)

 

▲≪桜花文様象牙櫛・簪・笄≫ 江戸時代 澤乃井櫛かんざし美術館蔵

▼一鶯斎国周 当勢三十二想・酔が覚相

江戸時代、女性たちは身分や職業によって服装や装飾品を規制されたいました。しかし、そのような制限のなかで、女性たちは髪飾りに個性を求め、職人が創意工夫を凝らした多種多様な櫛やかんざしで自らを飾りおしゃれを楽しんでいました。東京都青梅市にある澤乃井櫛かんざし美術館には、祇園に生まれ、舞妓となり、のちに東京で料亭の女将として多くの人を魅了した岡崎智予が収集した作品が所蔵されています。所蔵品には、文化が爛熟s工芸的技術が最も高い水準に達した江戸後期のものを始め、尾形光琳ら高名な美術家による逸品も含まれています。

 

▶扇梅鳥籠飾り金銀珊瑚びらびら簪

 

会期:2018年12月15日(土)~

2019年2月24日(日)

開館時間:10時~17時(最終入館16時半)

休館日:月曜日(ただし、祝日の場合は翌火曜日)

 

年末年始休館:2018年12月25日(火)~

2019年1月3日(木)

会場:アサヒビール  大山崎山荘美術館

入館料:一般 900円 高大生 500円

 

 

※愛読者プレゼント 10組20名様
ハガキに、①希望展覧会名 ②ご住所 ③お名前 ④年齢 ⑤性別 ⑥趣味・興味のあるものを、記入して下記にお送りください。
宛先:〒530-0016 大阪市北区中崎2-2-4   「ハロードクターWEB]プレゼント担当係