イベント情報

     読者プレゼントもあります。ご応募ください。 開催日順に掲載しております。


国立民族学博物館

 

国立民族学博物館 企画展

 

「旅する楽器―南アジア、弦の響き」

 

2019年2月21日(木)~5月7日(火)

 

◀19世紀製作のシタール(インド)

 

南アジアは弦楽器の宝庫です。世界中で知られるシタールだけでなく、多種多様な弦楽器がさまざまな人びとよって、千差万別のスタイルで演奏されてきました。宮廷の華として王侯貴族たちを陶酔させた弦の響きは、古典音楽として受け継がれています。儀礼に使われた弦楽器は、神を讃える歌や祈りの支えとなり、物語の世界を眼前に蘇せ歌手の紡ぎ出す旋律を引き立ててきました。これらの楽器の多くは、西アジアや中央アジアから伝えられ、南アジアで演奏家や職人たちによって改造され、生まれ変わったものです。南アジアで定着した楽器が、さらに形や音を変えながら、東南アジアや東アジアに伝えられた場合もあります。
本展示では、このような弦楽器の遙かな旅を、南アジアを中心に紹介します。

 

タンプーラー(インド)▶

 

会期
2019年2月21日(木)~5月7日(火)

会場
国立民族学博物館(大阪府吹田市千里万博公園10-1) 本館企画展示場
開館時間
10:00~17:00(入館は16:30まで)


休館日
水曜日(5月1日(水・祝)は開館)
無料観覧日
2月24日(日)、3月10日(日) (本館展示・企画展の無料観覧日)


観覧料
一般420円(350円)、高校・大学生250円(200円)、中学生以下無料
※()は20名以上の団体料金/リピーターは団体料金を適用
※本館展示もご覧いただけます

 

※愛読者プレゼント 5組10名様
ハガキに、①希望展覧会名 ②ご住所 ③お名前 ④年齢 ⑤性別 ⑥趣味・興味のあるものを、記入して下記にお送りください。
宛先:〒530-0016 大阪市北区中崎2-2-4   「ハロードクターWEB]プレゼント担当係 

2026年大阪「国際博覧会」決定

特別展「フェルメール展」

◀ ヨハネス・フェルメール《取り持ち女》1656年 油彩・カンヴァス 143x130cmドレスデン国立古典絵画館bpk /Staatliche Kunstsammlungen Dresden / Herbert Boswank / distributed by AMF

 

 

 

 

特別展「フェルメール展」

2019年2月16日(土)~5月12日(日)

▲ヨハネス・フェルメール《恋文》1669-1670年頃 

油彩・カンヴァス 44×38.5cm 

アムステルダム国立美術館Rijksmuseum.Purchased with the support of the Vereniging Rembrandt, 1893

 

■展覧会概要

 17世紀のオランダ絵画の黄金期を代表する画家、ヨハネス・フェルメール(1632‐1675年)は、現存する作品が35点ともいわれ、その希少性と神秘的な魅力から世界屈指の人気を誇ります。日本初公開となる「取り持ち女」、大阪展のみ展示の「恋文」など西日本では過去最多となる6作品が集結します。 

 

■会期

2019年2月16日(土)~5月12日(日)

 

■開館時間

9:30~17:00(入館は16:30まで)

 

■休館日

月曜日(祝休日の場合は開館し、翌平日休館。

ただし、4月30日(火)、5月7日(火)は開館)

※災害などにより臨時で休館となる場合あり

 

■会場

大阪市立美術館

住所:〒543-0063 大阪市天王寺区茶臼町1-82(天王寺公園内)

TEL:06-6771-4874

 

■入館料(税込)

一般1,800円(1,600円)

高校生・大学生1,500円(1,300円)

   ※( )内は、前売りおよび20名以上の団体料金

  

※愛読者プレゼント ポップアップメモ 5名様
ハガキに、①希望展覧会名 ②ご住所 ③お名前 ④年齢 ⑤性別 ⑥趣味・興味のあるものを、記入して下記にお送りください。
宛先:〒530-0016 大阪市北区中崎2-2-4   「ハロードクターWEB]プレゼント担当係 

世紀末ウィーンのグラフィック

◀表紙・装丁:カール・オットー・チェシュカ

『キャバレー〈フレーダーマウス〉上演本』第1号 1907年 (京都国立美術館蔵)

 

 

 

 

世紀末ウィーンの

グラフィック

 

 

デザインそして

生活の刷新にむけて

 

 

 ■展覧会概要

 当館は、2015年に世紀末ウィーンのグラフィック作品コレクションを収蔵しました。本展では、300件にのぼる膨大なコレクションの全貌を紹介するとともに、同じく平明氏旧蔵のリヒャルト・ルクシュによる石膏彫像と貴重なアドルフ・ロースの家具一式をも加え、世紀末ウィーンの息吹と魅力をお伝えします。 ■会期

2019年1月12日(土)~2月24日(日)

 

■開館時間

9:30~17:00 ただし金曜日と土曜日は20:00まで

(入館は閉館の30分前まで)

 

■休館日

毎週月曜日、ただし1月14日(月・祝)と2月11日(月・祝)は開館し、翌火曜日は休館

 

■主催

京都国立近代美術館、読売新聞社

 

■会場

京都国立近代美術館【岡崎公園内】

〒606-8344 京都市左京区岡崎円勝寺町

電話:075-761-4111

 

■観覧料

一般1,000円(800円)大学生500円(400円)

※(  )内は、前売りと20名以上の団体料金、夜間開館時(金・土午後5時以降)の夜間割引料金

※愛読者プレゼント 10組20名様
ハガキに、①希望展覧会名 ②ご住所 ③お名前 ④年齢 ⑤性別 ⑥趣味・興味のあるものを、記入して下記にお送りください。
宛先:〒530-0016 大阪市北区中崎2-2-4   「ハロードクターWEB]プレゼント担当係 

アサヒビール 大山崎山荘美術館

澤乃井串櫛かんざし美術館所蔵

 

櫛・かんざしとおしゃれ展

2018年12月15日(土)~

2019年2月24日(日)

 

▲≪桜花文様象牙櫛・簪・笄≫ 江戸時代 澤乃井櫛かんざし美術館蔵

▼一鶯斎国周 当勢三十二想・酔が覚相

江戸時代、女性たちは身分や職業によって服装や装飾品を規制されたいました。しかし、そのような制限のなかで、女性たちは髪飾りに個性を求め、職人が創意工夫を凝らした多種多様な櫛やかんざしで自らを飾りおしゃれを楽しんでいました。東京都青梅市にある澤乃井櫛かんざし美術館には、祇園に生まれ、舞妓となり、のちに東京で料亭の女将として多くの人を魅了した岡崎智予が収集した作品が所蔵されています。所蔵品には、文化が爛熟s工芸的技術が最も高い水準に達した江戸後期のものを始め、尾形光琳ら高名な美術家による逸品も含まれています。

 

▶扇梅鳥籠飾り金銀珊瑚びらびら簪

 

会期:2018年12月15日(土)~

2019年2月24日(日)

開館時間:10時~17時(最終入館16時半)

休館日:月曜日(ただし、祝日の場合は翌火曜日)

 

年末年始休館:2018年12月25日(火)~

2019年1月3日(木)

会場:アサヒビール  大山崎山荘美術館

入館料:一般 900円 高大生 500円

 

 

※愛読者プレゼント 10組20名様
ハガキに、①希望展覧会名 ②ご住所 ③お名前 ④年齢 ⑤性別 ⑥趣味・興味のあるものを、記入して下記にお送りください。
宛先:〒530-0016 大阪市北区中崎2-2-4   「ハロードクターWEB]プレゼント担当係 

台湾台南観光PRイベント

台湾の台南

神に照らされたところ

台灣台南市政府觀光旅遊局は、2018年12月14日(金)から12月25日(火)までの期間、中之島公園バラ園・大阪市役所内にて、第4回 台湾台南観光イベント『神に照らされたところ「台湾の台南」』を開催します。

先制医療としてのゲノム予防医学・歯学への展開2018

MIHO MUSEUM

 

2018年秋季特別展Ⅱ 百(もも)の手すさび

 ― 近代の茶杓と数奇者往来 ―

 

2018年10月20日(土)~12月2日(日)

 

MIHO MUSEUM 

 

茶杓  銘「年暮」昭和13年(1938)▶

益田鈍翁作  個人臓

 

 

 日本において、粉末の茶をすくう道具として竹の茶杓が用いられたのは14世紀頃からと考えられています。16世紀になり、千利休によって茶の湯が大成される頃、日本独自の茶杓が生まれます。竹の茶杓を茶人や権力者たちが自ら削り、また削らせ、さらには手紙のように送り送られることにより、今までにない意味がこめられたものとして価値づけられるようになりました。

 本展では、三井物産の初代社長をつとめ、三井財閥をささえた益田孝(鈍翁)や九州電力を創業した松永安左エ門(耳庵)など近代の数奇者たちによって作られた茶杓を中心として展覧し、茶杓を通した交流をひもときます。

 

 開館時間  午前10時~午後5時(入館は午後4時まで)

休館日   毎月曜日

入館料   一般 1,100円 高・大生 800円 小・中生 300円

      ※20名以上の団体は各200円割引

 会場    MIHO MUSEUM

      〒529-1814 滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷300

      電話 0748-82-3411

 

※愛読者プレゼント 10組20名様
ハガキに、①希望展覧会名 ②ご住所 ③お名前 ④年齢 ⑤性別 ⑥趣味・興味のあるものを、記入して下記にお送りください。
宛先:〒530-0016 大阪市北区中崎2-2-4   「ハロードクターWEB]プレゼント担当係 

京都国立近代美術展

 ◀ 藤田嗣治 《自画像》1929年 油彩・カンヴァス

東京国立近代美術館蔵

©Fondation Foujita / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2017 E2833

 

 

  没後50年 藤田嗣治展

 

2018年10月19日(金)~12月16日(日)

 

京都国立近代美術館

 藤田嗣治《私の部屋、目覚まし時計のある静物》▶

1921年 油彩・カンヴァス

ポンピドゥー・センター(フランス・パリ)蔵

Photo © Centre Pompidou, MNAM-CCI, Dist.

RMN-Grand Palais / Jean-Claude Planchet / distributed by AMF

© Fondation Foujita / ADAGP, Paris &

JASPAR, Tokyo, 2017 E2833

 

 

 

  明治半ばの日本で生まれ、80年を超える人生の約半分をフランスで暮らし、晩年にはフランス国籍を取得して、欧州の土となった画家・藤田嗣治。

 本展覧会は、「風景画」「肖像画」「裸婦」「宗教画」などのテーマを設けて、最新の研究結果も盛り込みながら、藤田芸術をとらえ直そうとする試みです。

 

開館時間  午前9時30分~午後5時

      ただし金曜日、土曜日は午後8時まで開館

      ※入館は閉館の30分前まで

休館日   毎週月曜日

観覧料   一般  1,500円 大学生 1,100円 高校生  600円

会場    京都国立近代美術館(岡崎公園内)

      〒606-8344 京都市左京区岡崎円勝寺町

      電話 075-761-4111

 

※愛読者プレゼント 5組10名様
ハガキに、①希望展覧会名 ②ご住所 ③お名前 ④年齢 ⑤性別 ⑥趣味・興味のあるものを、記入して下記にお送りください。
宛先:〒530-0016 大阪市北区中崎2-2-4   「ハロードクターWEB]プレゼント担当係 

京都国立博物館

▲重要文化財 太刀 菊御作 京都国立博物館

 

 

 特別展 京(みやこ)のかたな

 匠のわざと 雅のこころ

 

2018年9月29日(土)~11月25日(日)

 

京都国立博物館

 

 本展では、現存する京都=山城系鍛冶の作品のうち、国宝指定作品のほぼ全てと、著名刀工の代表作を中心に展示し、平安時代から平成に至る山城鍛冶の技術系譜と日本文化に与えた影響を探ります。また、各時代の刀工たちが地域社会でどのような立場、環境のもと、創作活動を行ったかも紹介。刀工たちの地位向上にかかわった後鳥羽上皇ゆかりの品や、上皇自らの作と伝える「菊御作」、さらに、公家や武家の肖像画や肖像彫刻にあらわされている武装と、それに類似する刀剣を提示することで、当時の習俗を再現します。

 

◀重要文化財 騎馬武者像 京都国立博物館 

▼重要文化財 真如堂縁起 下巻(部分) 京都・真正極楽寺

 開館時間  午前9時30分~午後6時(金・土曜日は午後8時まで)

      ※入館は閉館30分前まで

 休館日   月曜日 ※10月8日(月・祝)は開館、翌9日(火)休館

 観覧料   一般  1,500円 大学生 1,200円 高校生  700円

 会場    京都国立博物館 平成知新館

      〒605-0931 京都市東山区茶屋町527

      電話 075-525-2473(テレホンサービス)

 

※愛読者プレゼント 5組10名様
ハガキに、①希望展覧会名 ②ご住所 ③お名前 ④年齢 ⑤性別 ⑥趣味・興味のあるものを、記入して下記にお送りください。
宛先:〒530-0016 大阪市北区中崎2-2-4   「ハロードクターWEB]プレゼント担当係