イベント情報

     読者プレゼントもあります。ご応募ください。


新版画展 美しき日本の風景

川瀬巴水≪元箱根見南山荘風景(5)つつじ庭に遊ぶ二美人≫

昭和10(1935)年 公益財団法人平木浮世絵財団蔵 

 

 

新版画展 美しき日本の風景

美術館「えき」KYOTO

 

 

7月5日(木)~8月1日(水)

 

 

𠮷田博《日本アルプス十二題の内 穂高山》
大正15(1926)年 公益財団法人平木浮世絵財団蔵

 

 

「新版画」という木版画をご存知でしょうか?日本では江戸時代に浮世絵が誕生したことで大量印刷が可能となり、庶民の間でも絵画が楽しまれるようになりました。盛り上がりを見せた浮世絵は時代と共に収束に向かいましたが、それらの技術は次の時代へと受け継がれ、大正から昭和初期にかけて新版画として発展しました。新版画のジャンルは浮世絵に従っているので美人画や役者絵もありますが、本展では風景というテーマに注目し、葛飾北斎や歌川広重などによって大成された風景画を、新しい形で表現した新版画の魅力に迫ります。

 

 

開館時間/10時~20時(入館締切:閉館30分前)
     会期中無休 
  ※ただし、百貨店の営業時間に準じ、変更有。
入館料/一般 800円 高大生 600円 小中生400円)
    ※前売り、障碍者等、各種割引有。
会場/美術館「えき」KYOTO
  京都駅ビルジェイアール京都伊勢丹7F隣接
  TEL 075-352-1111(JR京都伊勢丹代表)

 

※愛読者プレゼント 5組10名様
ハガキに、①希望展覧会名 ②ご住所 ③お名前
④年齢 ⑤性別 ⑥趣味・興味のあるものを、記入して下記にお送りください。
宛先:〒530-0016 大阪市北区中崎2-2-4
    「ハロードクターWEB」プレゼント担当係

中之島香雪美術館

「珠玉の村山コレクション」

 

~愛し、守り、伝えた~

 

[Ⅱ] 美しき金に心をよせて

 

4月28日(土)~6月24日(日)

 

景徳鎮窯「赤絵唐人物図鉢 銘 大マレモノ」

 

 

時を経ても変質しない金は貴重視され、荘厳さ、豪華さ、神秘性という特質は、人々の心を魅了しつづけてきました。村山龍平もその一人です。記録から伝わる龍平の人となりは、「華美」という言葉の対極をいき、村山コレクションの「美しき金」にいろどられた作品も、慎ましく清らかにかがやきを発するものばかりです。龍平が心をよせた日本美術の「美しき金」の世界を、金によせられた祈りや憧憬、金の装飾への愛着を軸にたどります。

重要美術品 長谷川等伯「柳橋水車図屏風」 左

 

 

「蓮池蒔絵経箱」

 

 

開館時間/10時~17時(入館は16時30分まで)
休館日/月曜日(祝日の場合は、翌火曜日。ただし5月1日は開館)
入館料/一般 900円 高大生 500円 小中生200円)
※前売り、団体(20名以上)など各種割引有。
会場/中之島香雪美術館
  大阪市北区中之島3-2-4
   中之島フェスティバルタワー・ウエスト4F
  TEL 06-6210-3766

「鈴木春信」展

 

4月24日(火)~6月24日(日)

 

あべのハルカス美術館

 

 鈴木春信

「浮世美人寄花 路考娘 瞿麦」

明和6(1769)頃 中判錦絵 ボストン美術館蔵

William Sturgis Bigelow Collection, 11.19518

鈴木春信

「風俗四季歌仙 神楽月」

明和5(1768)頃 中判錦絵 ボストン美術館蔵

William Sturgis Bigelow Collection, 11.19499

 

 

 

錦絵創始期の第一人者として知られる浮世絵師 鈴木春信。若い恋人たち、母と子、さりげない日常、古典主義から発想された見立絵・やつし絵など、春信は小さな画面の中に詩的で洗練されたイメージを豊かに表現しました。江戸の評判娘や名所を主題に取り入れたことで、錦絵の大衆化に貢献したことでも知られています。本展では、ボストン美術館の豊富なコレクションにより、春信の活躍の様子をほぼ網羅してご覧いただけるでしょう。同時に関連作品も展示し、この浮世絵師を育んだ時代の気風を伝えます。希少な春信の作品は、ほとんどが海外に所蔵されることから、日本国内で作品を見る機会は非常に限られています。本物と出会える最高の機会を是非お楽しみください。

 All Photographs Museum of Fine Arts, Boston

 

開館時間/[火~金]10時~20時
    [月土日祝]10時~18時
    ※入館は閉館30分前まで
休館日/5月7日(月)、14日(月)、21日(月)、28日(月)
入館料/一般 1300円  高大生 900円  小中生500円
   ※前売り、団体(15名以上)など各種割引有。
会場/あべのハルカス美術館
  大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43
   あべのハルカス16F
  TEL 06-4399-9050

 

※愛読者プレゼント 5組10名様
ハガキに、①希望展覧会名 ②ご住所 ③お名前 ④年齢 ⑤性別 ⑥趣味・興味のあるものを、記入して下記にお送りください。
宛先:〒530-0016 大阪市北区中崎2-2-4   「ハロードクターWEB]プレゼント担当係 

中之島香雪美術館

2018年3月21日(土) OPEN!

美濃「志野茶碗 銘 朝日影」

 

 

 

 

 

   朝日新聞社の創業者である村山龍平(1850~1933)の収集した日本と東アジアの古い時代の美術品を所蔵する公益財団法人香雪美術館は、神戸・御影本館に次ぐ2館目の美術館として「中之島香雪美術館」を大阪市北区中之島にオープンします。

 大阪屈指のビジネス街の中心である中之島エリアにそびえる超高層ビル「中之島フェスティバルワー・ウエスト」のビルの空間にありながら、都会の喧騒から離れ、落ち着いた格調のある空気に包まれる美術館です。

 開館1年目は、「珠玉の村山コレクション~愛し、守り、伝えた~」と題する5回シリーズの開館展を開催。貴重なコレクションを一挙公開、合わせて日本の文化財を守ろうとした村山龍平の思いを伝えます。

 また、国指定文化財の茶室「玄庵」を原寸大で展示しており、「市中の山居」を味わえる場となるでしょう。

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

開館展 「珠玉の村山コレクション~愛し、守り、伝えた~」Ⅰ美術を愛して

会期     2018年3月21日(水・祝)~4月22日(日)

     月曜日休館(祝日の場合は翌火曜日)

開館時間 10時~17時(入館は16時30分まで)

入館料  一般900(700)円 高大生500(350)円 小中生200(100)円

     *( )内は前売り・20人以上の団体料金

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 中之島香雪美術館

   大阪市北区中之島3-2-4

   中之島フェスティバルタワー・ウエスト4F

   06-6210-3766

 

江戸の戯画 大阪市立美術館

特別展

「江戸の戯画

鳥羽絵から北斎・国芳・暁斉まで」

 

 

2018年4月17日(火)~6月10日(日)

 

 

 

 

歌川国芳「きん魚づくし ぼんぼん」 個人蔵(通期展示)

葛飾北斎「鳥羽絵集会 お稽古」 ベルギー王立美術歴史博物館蔵(通期展示)

 

太平の世が長く続いた江戸時代には、多くの戯画が描かれました。一口に戯画といっても多種多様なものがあります。鳥羽絵本の影響を受けたと考えられる江戸の「北斎」や「国芳」、そしてその流れをくむ「暁斉」など、時代や地域により変化しながらも、鳥羽絵に見られる笑いの感覚は脈々と受け継がれています。本店では、そのような鳥羽絵からの流れを追いつつ、人気絵師による江戸時代の戯画のエッセンスをご覧いただきます。笑いを文化として養ってきた大阪の地で、多彩な笑いの世界をぜひお楽しみください。

会場   大阪市立美術館   大阪市天王寺区茶臼山町1-82会期

平成30年4月17日(火)~6月10日(日)
【前期】4月17日(火)~5月13日(日)
【後期】5月15日(火)~6月10日(日)
※会期中展示替えあり。

時間午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)休館日月曜日(ただし、4月30日(月)は開館)。5月1日(火)も開館。 ※災害などにより臨時で休館となる場合あり。料金

一般 1,400円(1,200円)、高大生1,000円(800円)

※( )内は、20名以上の団体料金

※中学生以下、障がい者手帳などをお持ちの方(介護者1名を含む)は無料(要証明)。

※本展は、大阪市内在住の65歳以上の方も一般料金が必要です。

※愛読者プレゼント 5組10名様
ハガキに、①希望展覧会名 ②ご住所 ③お名前 ④年齢 ⑤性別 ⑥趣味・興味のあるものを、記入して下記にお送りください。
宛先:〒530-0016 大阪市北区中崎2-2-4   「ハロードクターWEB]プレゼント担当係 

池大雅展 京都国立博物館

特別展 池大雅

天衣無縫の旅の画家

 

 

2018年4月7日(土)~5月20日(日)

 

国宝  十便宜図のうち 池大雅筆 公益財団法人川端康成記念會(場面替えあり)

洞庭赤壁図巻(部分)池大雅筆 (通期展示)

 

 大雅は、多くの旅を重ねた画家でした。26歳の時、江戸に遊んだ大雅は、そこから松島にまで足を延ばし、その美しい景色に目を奪われます。38歳の時に友人の高芙蓉・韓天寿とともに白山・立山・藤さんの三霊山を踏破した、長途の旅行は、「三岳紀行図屏風」によってその詳細を知ることができます。旅先で目にした自然の実感にもとずく風景表現は、大雅の画業を特徴付ける主要テーマとなっただけでなく、これ以降の作品にも大きな役割を果します。大雅は画家としてだけでなく、書家としてもその名を馳せました。数ある大雅の諸作品の中から、特に画との見事な調和を見せる作品を中心に、大雅の書の世界をご紹介します。

 

 

 

 

渭城柳色図  池大雅筆 新潟・敦井美術館(市)(通期展示)

 

 

 

会場  京都国立博物館 平成知新館

    京都市東山区茶屋町527

    075-525-2473(テレホンサービス)    

      
 

休館日 月曜日

    ※ただし4月30日(月・休)は開館、

     翌5月1日(火)は休館

 

 

開館時間  午前9時30分から午後6時まで

     (入館は午後5時30分まで)
※ただし会期中の毎週金・土曜日は午後8時まで(入館は午後7時30分まで)

 

 

観覧料  

  一般 1,500円(1,300円)
  大学生 1,200円(1,000円)
  高校生 900円(700円)
   ※( )内は団体20名以上。
   ※中学生以下は無料です。

 

※愛読者プレゼント 5組10名様
ハガキに、①希望展覧会名 ②ご住所 ③お名前 ④年齢 ⑤性別 ⑥趣味・興味のあるものを、記入して下記にお送りください。
宛先:〒530-0016 大阪市北区中崎2-2-4   「ハロードクターWEB]プレゼント担当係 

明治150年展 京都国立近代美術館

明治150年展 
明治の日本画と工芸

 

2018年3月20日(火)~5月20日(日)

 

 

 

並河靖之 花鳥図蓋付飾壺 明治~大正時代 有線七宝 京都国立近代美術館

トーマス・B・ブロー 《花蝶図輪花皿》 明治~大正時代 陶、色絵金彩 京都国立近代美術館

 

明治6年(1873)のウィーン万国博覧会へ日本政府が正式に参加することで、日本の工芸品への関心が世界的に高まることになりました。政治の中心が東京へと移ったことによって経営基盤を失い、衰退していく京都では、地場産業の振興を目的の一つとして「京都府画学校」が設立され、数多くの日本画家が工芸図案制作に携わり、時代に即した図案の研究が進められました。本店では、『温知図録』を始めとした明治の工芸図案とともに、明治の工芸品や工芸図案を描いた日本画家たちの作品を一堂に展示することで、近大化していく社会の中で生み出された明治の美術品を紹介します。

会  場 京都国立美術館

     京都市左京区岡崎円勝寺町

開館時間 午前9時30分~午後5時
     ただし金曜、土曜は午後8時まで開館
     *入館は閉館の30分前まで

休 館 日   月曜日(ただし、4月30日(月・休)は開館)

観覧料

    当日    前売り 団体(20名以上) 夜間割引(金/土曜 午後5時以降)
一 般  1,000 800 800 800
大学生     500 400 400 400

            ※ 高校生・18歳未満は無料。

 

※愛読者プレゼント 5組10名様
ハガキに、①希望展覧会名 ②ご住所 ③お名前 ④年齢 ⑤性別 ⑥趣味・興味のあるものを、記入して下記にお送りください。
宛先:〒530-0016 大阪市北区中崎2-2-4   「ハロードクターWEB]プレゼント担当係 

東郷青児展 あべのハルカス美術館

生誕120年 東郷青児展

 夢と現(うつつ)の女たち

 

2018年2月16日(金)~4月15日(日)

 

 

 

《バイオレット》 1952年 損保ジャパン日本興亜

 

 

 《パラソルさせる女》1916年 油彩・キャンヴァス 

一般財団法人 陽山美術館

 

 

 

誰よりも女性を愛し、女性を描いた画家、東郷青児。生涯の作品を当して、その女性像の生成の秘密をひもときます。19歳の若さで二科展に衝撃のデビューを果たした東郷は、当時日本に紹介されたばかりのキュビスムや未来はを取り入れ、日本最初期の前衛絵画の担い手とされました。西洋の画法を咀嚼しつつ自らが求める表現を構築していく造形センスの鋭さには目をみはるものがあります。早熟な才能を示すデビュー作から、パリ留学中の前衛と抒情が響きあう名品まで、初期の代表的な作品の数々をご覧いただきます。

 

 

会  場 あべのハルカス美術館
     大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス16F 

 

開催期間 2018年2月16日(金)~4月15日(日)

 

開館時間 火~金 / 10:00~20:0

     月土日祝 / 10:00~18:00

     *入館は閉館30分前まで

 

休 館 日 2月19日(月)、26日(月)、3月5日(月)、4月2日

 
入館料 当日 前売・団体  
             一般 1,300円 1,100円  
              大学・高校生    900円     700円  
              中学・小学生    500円 300円  

 

 

※愛読者プレゼント 5組10名様
ハガキに、①希望展覧会名 ②ご住所 ③お名前 ④年齢 ⑤性別 ⑥趣味・興味のあるものを、記入して下記にお送りください。
宛先:〒530-0016 大阪市北区中崎2-2-4   「ハロードクターWEB]プレゼント担当係 

ゴッホ展

ゴッホ展

 

巡りゆく日本の夢

 

1月20日(土)~3月4日(日)

 

 

京都国立近代美術館

 

 

フィンセント・ファン・ゴッホ《花魁(溪斎英泉による)》1887年 ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)蔵 © Van

Gogh Museum, Amsterdam (Vincent van Gogh Foundation)

フィンセント・ファン・ゴッホ《種まく人》1888 ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)© Van Gogh Museum, Amsterdam (Vincent van Gogh Foundation)

 

19世紀後半に活躍し、今もなお世界中で絶大な人気を誇る画家、フィンセント・ファン・ゴッホ(1853~1890)。ファン・ゴッホ美術館との共同企画である本展は、世界中の名だたる美術館から集められたファン・ゴッホの油彩画やデッサン約40点に加え、関連する浮世絵版画やオーヴェール巡礼に関する豊富な資料などを通じて、ファン・ゴッホとの相互関係を探り、その新たな魅力を紹介します。ファン・ゴッホ作品に隠された〈日本〉を発見する、またとない機会となることでしょう。

 

【ゴッホ展    巡りゆく日本の夢】

1月20日(土)~3月4日(日)
 休館日:月曜日(ただし2月12日を除く)、2月 13日(火)
開館時間:午前9時30分~午後5時
※金-土曜日は午後8時まで(入館は閉館の30分前まで)
観覧料(税込)
一般 1500円  大学生1100円 高校生 600円
前売・団体(20名以上)
一般 1300円 大学生900円 高校生 400円

 

京都国立近代美術館(岡崎公園内)

〒606-834  京都市左京区岡崎円勝寺町
TEL075-761-4111
ホームページ:http://www.momak.go.jp/

※愛読者プレゼント 5組10名様
ハガキに、①希望展覧会名 ②ご住所 ③お名前 ④年齢 ⑤性別 ⑥趣味・興味のあるものを、記入して下記にお送りください。
宛先:〒530-0016 大阪市北区中崎2-2-4   「ハロードクターWEB]プレゼント担当係 

ジブリの大博覧会

ジブリの立体建造物展

 

部分を観れば、全体が見える

 

~2018年2月5日(月)

 

草壁家 イメージボード(となりのトトロ)© 1988 Studio Ghibli

油屋 模型(千と千尋の神隠し)© 2001 Studio Ghibli・NDDTM

 

大阪・あべのハルカス美術館で『ジブリの立体建造物店』を開催しています。

 

スタジオジブリは1985年の設立以来、多くのアニメーション作品を発表してきました。s区品中には、ドラマが起こる舞台として、たくさんの「建造物」が登場します。本店では、出発点となった「風の谷のナウシカ」から「思い出のマーニー」まで、作品に登場する建造物の、背景画や美術ボード、美術設定といった政策資料薬450点を公開。その印象的な建物に注目し、建築家 藤森昭信氏の監修により紹介します。ジブリの作品に登場する、どこかに存在していそうな架空の建造物。舞台の物語である、空想的で現実的な空間へのこだわりに迫ります。

 

千と千尋の神隠し© 2001 Studio Ghibli・NDDTM

 

あべのハルカス美術館

大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43
あべのハルカス16階

 

開催期間

2017年 12月2日(土) ~ 2018年 2月5日(月)

 

開館

時間

 

10:00~20:00(予定)入館は原則閉館30分前まで。ただし、会場の混雑状況により変更することがあります。

 

休館日

 2018年1月1日(月・祝)

 

入館料
  当日 前売・団体  
  一般 1,500円 1,300円  
大学・高校生 1,100円 900円  
中学・小学生 500円 300円

※愛読者プレゼント 5組10名様
ハガキに、①希望展覧会名 ②ご住所 ③お名前 ④年齢 ⑤性別 ⑥趣味・興味のあるものを、記入して下記にお送りください。
宛先:〒530-0016 大阪市北区中崎2-2-4   「ハロードクターWEB]プレゼント担当係