イベント情報

     読者プレゼントもあります。ご応募ください。 開催日順に掲載しております。


MIHO MUSEUM

▲茶杓  銘「年暮」昭和13年(1938)益田鈍翁作  個人臓

 

 

 

2018年秋季特別展Ⅱ 百(もも)の手すさび

 ― 近代の茶杓と数奇者往来 ―

 

2018年10月20日(土)~12月2日(日)

 

MIHO MUSEUM 

 日本において、粉末の茶をすくう道具として竹の茶杓が用いられたのは14世紀頃からと考えられています。16世紀になり、千利休によって茶の湯が大成される頃、日本独自の茶杓が生まれます。竹の茶杓を茶人や権力者たちが自ら削り、また削らせ、さらには手紙のように送り送られることにより、今までにない意味がこめられたものとして価値づけられるようになりました。

 本展では、三井物産の初代社長をつとめ、三井財閥をささえた益田孝(鈍翁)や九州電力を創業した松永安左エ門(耳庵)など近代の数奇者たちによって作られた茶杓を中心として展覧し、茶杓を通した交流をひもときます。

 

 

開館時間  午前10時~午後5時(入館は午後4時まで)

休館日   毎月曜日

入館料   一般 1,100円 高・大生 800円 小・中生 300円

      ※20名以上の団体は各200円割引

 会場    MIHO MUSEUM

      〒529-1814 滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷300

      電話 0748-82-3411

 

※愛読者プレゼント 10組20名様
ハガキに、①希望展覧会名 ②ご住所 ③お名前 ④年齢 ⑤性別 ⑥趣味・興味のあるものを、記入して下記にお送りください。
宛先:〒530-0016 大阪市北区中崎2-2-4   「ハロードクターWEB]プレゼント担当係 

京都国立近代美術展

 ◀ 藤田嗣治 《自画像》1929年 油彩・カンヴァス

東京国立近代美術館蔵

©Fondation Foujita / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2017 E2833

 

 

  没後50年 藤田嗣治展

 

2018年10月19日(金)~12月16日(日)

 

京都国立近代美術館

 藤田嗣治《私の部屋、目覚まし時計のある静物》▶

1921年 油彩・カンヴァス

ポンピドゥー・センター(フランス・パリ)蔵

Photo © Centre Pompidou, MNAM-CCI, Dist.

RMN-Grand Palais / Jean-Claude Planchet / distributed by AMF

© Fondation Foujita / ADAGP, Paris &

JASPAR, Tokyo, 2017 E2833

 

 

 

  明治半ばの日本で生まれ、80年を超える人生の約半分をフランスで暮らし、晩年にはフランス国籍を取得して、欧州の土となった画家・藤田嗣治。

 本展覧会は、「風景画」「肖像画」「裸婦」「宗教画」などのテーマを設けて、最新の研究結果も盛り込みながら、藤田芸術をとらえ直そうとする試みです。

 

開館時間  午前9時30分~午後5時

      ただし金曜日、土曜日は午後8時まで開館

      ※入館は閉館の30分前まで

休館日   毎週月曜日

観覧料   一般  1,500円 大学生 1,100円 高校生  600円

会場    京都国立近代美術館(岡崎公園内)

      〒606-8344 京都市左京区岡崎円勝寺町

      電話 075-761-4111

 

※愛読者プレゼント 5組10名様
ハガキに、①希望展覧会名 ②ご住所 ③お名前 ④年齢 ⑤性別 ⑥趣味・興味のあるものを、記入して下記にお送りください。
宛先:〒530-0016 大阪市北区中崎2-2-4   「ハロードクターWEB]プレゼント担当係 

京都国立博物館

▲重要文化財 太刀 菊御作 京都国立博物館

 

 

 特別展 京(みやこ)のかたな

 匠のわざと 雅のこころ

 

2018年9月29日(土)~11月25日(日)

 

京都国立博物館

 

 本展では、現存する京都=山城系鍛冶の作品のうち、国宝指定作品のほぼ全てと、著名刀工の代表作を中心に展示し、平安時代から平成に至る山城鍛冶の技術系譜と日本文化に与えた影響を探ります。また、各時代の刀工たちが地域社会でどのような立場、環境のもと、創作活動を行ったかも紹介。刀工たちの地位向上にかかわった後鳥羽上皇ゆかりの品や、上皇自らの作と伝える「菊御作」、さらに、公家や武家の肖像画や肖像彫刻にあらわされている武装と、それに類似する刀剣を提示することで、当時の習俗を再現します。

 

◀重要文化財 騎馬武者像 京都国立博物館 

▼重要文化財 真如堂縁起 下巻(部分) 京都・真正極楽寺

 開館時間  午前9時30分~午後6時(金・土曜日は午後8時まで)

      ※入館は閉館30分前まで

 休館日   月曜日 ※10月8日(月・祝)は開館、翌9日(火)休館

 観覧料   一般  1,500円 大学生 1,200円 高校生  700円

 会場    京都国立博物館 平成知新館

      〒605-0931 京都市東山区茶屋町527

      電話 075-525-2473(テレホンサービス)

 

※愛読者プレゼント 5組10名様
ハガキに、①希望展覧会名 ②ご住所 ③お名前 ④年齢 ⑤性別 ⑥趣味・興味のあるものを、記入して下記にお送りください。
宛先:〒530-0016 大阪市北区中崎2-2-4   「ハロードクターWEB]プレゼント担当係 

ルーブル美術館展

◀アントワーヌ=ジャン・グロ

《アルコレ橋のボナパルト(1796年11月17日)》1796年

Photo © RMN-Grand Palais (musée du Louvre) / Hervé

Lewandowski /distributed by AMF-DNPartcom

 

ルーヴル美術館展

肖像芸術線 ― 人は人をどう表現してきたか

 

2018922日(土)~2019114日(月/祝) 95日間

 

大阪市立美術館

 

 エリザベート・ルイーズ・ヴィジェ・ル・ブラン▶

《エカチェリーナ・ヴァシリエヴナ・スカヴロンスキー伯爵夫人の像》1796年

Photo © RMN-Grand Palais (musée du Louvre) /

Michel Urtado /distributed by AMF-DNPartcom

 

 

  肖像の制作に取り組んだ芸術家たちは、どのような素材や手法を用い、どのような表現を生み出してきたのでしょうか。本展は3000年以上遡る古代エジプトの棺用マスクにみる「記憶」のための肖像に始まり、フランス皇帝ナポレオン、王妃マリーアントワネットらによる「権力の顕示」のための肖像、きらびやかな衣裳に身を包んだ男女や愛らしい子どもたちの人柄や個性を伝える肖像、そして16世紀の奇才アルチンボルドの人物画にみる多様なイメージを拡散する肖像まで、ルーヴル美術館の誇るコレクションおよそ110点を通して、肖像芸術の役割や表現上の様々な特質を中心に浮き彫りにするものです。 

開館時間  午前9時30分~午後5時(入場は閉館の30分前まで)

休館日   月曜日(祝休日の場合は開館、翌火曜日休館。

      ただし12月25日(火)は開館)

期間    12月28日(金)~1月2日(水)

観覧料   一般  1,600円 高校生 1,200円

 会場    大阪市立美術館 

       大阪市天王寺区茶臼山町1-82(天王寺公園内)

 

 

※愛読者プレゼント 5組10名様
ハガキに、①希望展覧会名 ②ご住所 ③お名前 ④年齢 ⑤性別 ⑥趣味・興味のあるものを、記入して下記にお送りください。
宛先:〒530-0016 大阪市北区中崎2-2-4   「ハロードクターWEB]プレゼント担当係 

展覧会「太陽の塔」 あべのハルカス美術館

 

  

展覧会「太陽の塔」

 

 2018915日(土)~114日(日)

 

あべのハルカス美術館

 

 

 本展では、失われた展示空間を初めて3次元で再現。太郎がテーマ館全体の根源を表現した地下展示を追体験します。万博という人類の「祭り」に太郎が問いかけたものの根源とは?「太陽の塔」が内包するものとは?その構想段階から完成まで、さらには再生事業までを網羅。「太陽の塔」に関連する作品と精巧な模型に加え映像や音響など多彩なメディアを駆使し、岡本太郎の感性を大きなスケールで体感する展覧会です。

 

 開館時間  火~金  午前10時~午後8時

      月・土・日・祝  午前10時~午後6時 

      ※入館は閉館30分前まで

 休館日   9月18日(火)

 観覧料   一般  1,200円(1,000円)

      大学・高校生  800円(600円)

      中学・小学生  500円(300円)

 会場    あべのハルカス美術館

      〒545-6016 大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43

            あべのハルカス16階

電話    06-4399-9050

 

 

※愛読者プレゼント 5組10名様
ハガキに、①希望展覧会名 ②ご住所 ③お名前 ④年齢 ⑤性別 ⑥趣味・興味のあるものを、記入して下記にお送りください。
宛先:〒530-0016 大阪市北区中崎2-2-4   「ハロードクターWEB]プレゼント担当係 

東山魁夷展

◀《道》1950年、東京国立近代美術館蔵 

 

 

 

生誕110年

東山魁夷展

2018年8月29日(水)~10月8日(月・祝)

 

  東山魁夷(1908-1999)の生誕110年を記念した展覧会を開催します。

明治41(1908)年、横浜に生まれた東山魁夷は、東京美術学校を卒業し、ドイツ留学の後、太平洋戦争への応召、肉親の相次ぐ死といった試練に見舞われますが、そうした苦難のなか風景の美しさに開眼し、戦後はおもに日展を舞台に活躍しました。

自然と真摯に向き合い、思索を重ねながらつくりあげたその芸術世界は、日本人の自然観や心情までも反映した普遍性を有するものとして評価されています。

 

 本店では代表作である《残照》《道》《緑響く》のほか、ヨーロッパや京都の古都の面影を描いた風景画など約80点により、国民的画家と謳われた東山魁夷の画業の全貌をたどります。

また構想から完成までに10年を要した東山芸術の記念碑的大作、奈良・唐招提寺御影堂の障壁画(襖絵と床の壁面全68面)を再現展示します。

御影堂の修理に伴い、障壁画も今後数年間は現地でも見ることができないため、御影堂内部をほぼそのままに間近に見ることができる大変貴重な機会となります。

京都では30年ぶりの本格的な大回顧展です。

 

開催場所:京都国立近代美術館(岡崎公園内)

開催日 : 2018年8月29日(水)~10月8日(月・祝)

休館日 :月曜日(ただし、9月17日、24日、10月8日は開館。9月18日、25日は休館)

開館時間:午前9時30分~午後5時(金曜・土曜日は午後9時まで)

     ※入場は閉館の30分前まで

観覧料 :一般  1500(1300)円  大学生 1100(900)円 高校生  600(400)円            

     ( )内は前売りおよび20名以上の団体料金、いずれも消費税込

 

 

愛読者プレゼント 5組10名様 ハガキに、①希望展覧会名 ②ご住所 ③お名前 ④年齢 ⑤性別 ⑥趣味・興味のあるものを、記入して下記にお送りください。 宛先:〒530-0016 大阪市北区中崎2-2-4   「ハロードクターWEB]プレゼント担当係

国立国際美術館

▲キロード・モネ ⦅草上の食卓⦆1866年 油彩・カンヴァス

The Pushkin State Museum of Fine Arts, Moscow.

 

 

プーシキン美術館展──旅するフランス風景画

 

2018年7月21日(土)―10月14日(日)

 

 

アンリ・ルソー

馬を襲うジャガー⦆1910

油彩・カンヴァス

The Pushkin State Museum of Fine Arts, Moscow.

 

 

 

風景画というジャンルが生まれて以来、画家たちはさまざまな場所を絵に描いてきました。本展は、17世紀から20世紀に描かれた、風景表現の数々で構成されます。モスクワのプーシキン美術館から、クロード・モネが印象派の誕生前夜に描いた《草上の昼食》をはじめとした珠玉のコレクション65点が来日します。

 

開館時間/10時~17時(入館締切:閉館30分前)
     金曜・土曜日は、午後9時まで 
休館日/月曜日
   ただし、8月13日(月)、9月17日(月・祝)、9月24日(月・祝)、10月8日(月・祝)は開館。
   9月25日(火)は、閉館。
入館料/一般 1,500円 大学生 1,200円 高校生600円 中学生以下無料
    ※前売り、団体、障碍者等、各種割引有。
会場/国立国際美術館
  大阪市北区中之島4-2-55
  TEL 06-6447-4680(代表)

 

※愛読者プレゼント 5組10名様
ハガキに、①希望展覧会名 ②ご住所 ③お名前 ④年齢 ⑤性別 ⑥趣味・興味のあるものを、記入して下記にお送りください。
宛先:〒530-0016 大阪市北区中崎2-2-4   「ハロードクターWEB]プレゼント担当係 

兵庫県立美術館

プラド美術館展

 

2018年7月13日(水)~10月14日(日)

 

 

◀ディエゴ・ベラスケス

⦅王太子バルタサール・カルロス騎馬像⦆

1635年頃マドリード、プラド美術館蔵

©Museo Nacinal del Prad

ディエゴ・ベラスケス▶

⦅東方三博士の礼拝⦆

1619年頃マドリード、プラド美術館蔵

©Museo Nacinal del Prad

 

 

世界屈指の美の殿堂として知られているプラド美術館。本展は、17世紀スペインを代表するのみならず西洋美術史上最も傑出した画家のひとりであり、後世の印象はの画家たちにも大きな影響を与えたベラスケスによる初来日作品を含む重要作品7点を中心に、イタリアとフランドル絵画をあわせ、61点の油彩画と9点の資料で17世紀スペイン宮廷をめぐる美術を紹介。スペイン黄金時代に触れる貴重な機会です。

 

 開館時間/10時~1時(入館締切:閉館30分前)
     金曜・土曜日は、午後8時まで 
休館日/月曜日
   (※祝休日の場合は開館し、翌火曜日休館)
入館料/一般 1,600円 大学生 1,200円 70歳以上 800円 高校生以下無料
    ※前売り、団体、障碍者等、各種割引有。
会場/兵庫県立美術館
 〒651-0073 神戸市中央区脇浜海岸通1丁目1番1号
TEL: 078-262-0901

 

※愛読者プレゼント 5組10名様
ハガキに、①希望展覧会名 ②ご住所 ③お名前 ④年齢 ⑤性別 ⑥趣味・興味のあるものを、記入して下記にお送りください。
宛先:〒530-0016 大阪市北区中崎2-2-4   「ハロードクターWEB]プレゼント担当係 

いもとようこの世界 兵庫県立美術館

共催展
絵本原画展 いもとようこの世界


《ねこの絵本》(講談社)©いもとようこ
7月14日(土)~9月2日(日)

会場:ギャラリー棟3階
絵を見た瞬間、何ともいえないあたたかい気持ちに包まれる、いもとようこの絵本。ぎざぎざした独特のタッチは、和紙をちぎって貼りその上に水彩絵の具やパステルで着彩して、繊細な陰影や表情が作られています。繊細な手仕事でつくられた絵から、言葉にならない気持ちや心象風景が伝わってくるような貴重な原画約300点を紹介します。

 

 

親から子どもへ、世代を超えて愛され続けている「いもとようこ」の本格的な展覧会『絵本原画展 いもとようこの世界』を、2018年7月14日(土)~9月2日(日)の期間、兵庫県立美術館 ギャラリー棟にて開催いたします。

「日本の名作シリーズ」や「世界の名作シリーズ」。400万部を突破する「あかちゃんのためのえほんシリーズ」やNHK教育テレビ「いないいないばぁっ!」の童謡アニメ等、誰もが一度は見たことのある絵は、独自に切り開いた貼り絵に着色する技法。原画から溢れる繊細で柔らかな色彩は、すべての作品にあたたかなぬくもりを与えています。本展では、全作品の中からオリジナル原画315点を展示予定。6つのコーナーによる構成で、いもとようこ画業の全貌を明らかにします。

 この後の巡回展は予定しておりませんので、この機会をお見逃しなく!

◀おむすびころりん

 

 

いもとようこプロフィール】

1944年、兵庫県生まれ。東京都在住。金沢美術工芸大学卒業。小学校教員を経て絵本の世界に入る。独自の手法で描かれる繊細であたたかい貼り絵が生み出す作品は400冊近く、子どもから大人まで多くのファンに支持されている。「ねこの絵本」(講談社)「そばのはなさいたひ」(佼成出版社)でボローニャ国際児童図書展エルバ賞、「いもとようこ うたの絵本」(講談社)で同グラフィック賞を3年連続受賞し、国際的にも高く評価されている。

 

会場/兵庫県立美術館
 〒651-0073 神戸市中央区脇浜海岸通1丁目1番1号

開館時間/10時~1時(入館締切:閉館30分前)
    金曜・土曜日は、午後8時まで 
休館日/月曜日
   (※祝休日の場合は開館し、翌火曜日休館)
入館料/一般 1,600円 大学生 1,200円 70歳以上 800円 高校生以下無料
    ※前売り、団体、障碍者等、各種割引有。
TEL: 078-262-0901
 

※愛読者プレゼント 5組10名様
ハガキに、①希望展覧会名 ②ご住所 ③お名前 ④年齢 ⑤性別 ⑥趣味・興味のあるものを、記入して下記にお送りください。
宛先:〒530-0016 大阪市北区中崎2-2-4   「ハロードクターWEB]プレゼント担当係 

新版画展 美しき日本の風景

川瀬巴水≪元箱根見南山荘風景(5)つつじ庭に遊ぶ二美人≫

昭和10(1935)年 公益財団法人平木浮世絵財団蔵 

 

 

新版画展 美しき日本の風景

美術館「えき」KYOTO

 

 

7月5日(木)~8月1日(水)

 

 

𠮷田博《日本アルプス十二題の内 穂高山》
大正15(1926)年 公益財団法人平木浮世絵財団蔵

 

 

「新版画」という木版画をご存知でしょうか?日本では江戸時代に浮世絵が誕生したことで大量印刷が可能となり、庶民の間でも絵画が楽しまれるようになりました。盛り上がりを見せた浮世絵は時代と共に収束に向かいましたが、それらの技術は次の時代へと受け継がれ、大正から昭和初期にかけて新版画として発展しました。新版画のジャンルは浮世絵に従っているので美人画や役者絵もありますが、本展では風景というテーマに注目し、葛飾北斎や歌川広重などによって大成された風景画を、新しい形で表現した新版画の魅力に迫ります。

 

 

開館時間/10時~20時(入館締切:閉館30分前)
     会期中無休 
  ※ただし、百貨店の営業時間に準じ、変更有。
入館料/一般 800円 高大生 600円 小中生400円)
    ※前売り、障碍者等、各種割引有。
会場/美術館「えき」KYOTO
  京都駅ビルジェイアール京都伊勢丹7F隣接
  TEL 075-352-1111(JR京都伊勢丹代表)

 

※愛読者プレゼント 5組10名様
ハガキに、①希望展覧会名 ②ご住所 ③お名前
④年齢 ⑤性別 ⑥趣味・興味のあるものを、記入して下記にお送りください。
宛先:〒530-0016 大阪市北区中崎2-2-4
    「ハロードクターWEB」プレゼント担当係